×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2013年4月

夜桜撮影2013年04月01日

 今年の桜は例年に比べて開花が早い。ただ、花のつきは今一つのような気がする。益田川の夜桜ライトアップが始まったと聞き、さっそく今日撮影のため、夜にお出かけ。花のつきはそれほどよくないといっても、やはり、ライトアップされた桜は綺麗。時のたつのを忘れて、何枚も写真を撮っていると、10時になり、ライトアップ終了。
 なかなかいい写真が撮れたと満足して車にもどると・・・駐車場に鍵がかかっていた。そう、私が悪いのだが、撮影スポットのすぐ近くの大型店の駐車場にとめていたのだ。よく、この店を利用していて、ついとめてしまったのだが、そう・・・お店は9時半までで、駐車場も9時50分までということだった。(以前は鍵はかからなかったような・・・・)仕方なく、歩いて帰ることに・・、さっきまでの満足感など、どっかに消えてブルーな気持ちでとぼとぼ歩いて帰った。ドジだ〜。
夜桜1

夜桜2

夜桜3

夜桜4

庭木の剪定C2013年04月03日

 ちょっと間があいたが、庭木の剪定の続き。
 ウッドデッキも修理ができたので、今度は、ピラカンサがあったところに、手入れが楽な他の木を植えたいと考えた。せっかくなので、自然の恵みも享受できたらと思い、今も1本庭にあるブルーベリーを植えることにした。ブルーベリーは落葉樹なので、冬の目隠しにはならないが、まあ、それよりも自然の恵みを優先したわけだ。ホームセンターに行ったが、この時期だからか、私の探し方が悪いのか、ブルーベリーがみつからなかったので、通販で違う種類の苗木を購入した。ピラカンサがあったところに2本、他の場所に1本植えようと、3本購入。3本で、送料込で4500円ぐらいだった。
庭2

 ブルーベリーが届いて、いよいよ植える日。ピラカンサの根がしっかりと残っているので、まずは、根を掘り返すことからスタート。 しかし、これが想像以上に大変だった。10数年そこにしっかりと根をはっていた木だけある。根が深く、太いのだ。結局3時間この根と格闘し、根の1部は残ってしまったが、ほぼ綺麗になった。
 ブルーベリー用の土を入れ、ブルーベリーの苗木を植えた。これが、しっかり根付いて立派な実をつけるのは何年後か・・・楽しみだ。
 その後、ついでに、ウッドデッキの防腐処理をして、庭木の剪定の完了。
 達成感ありありだ〜。
 
庭1
掘って、掘って。
庭3
根〜
庭4
深くうまっていた。
庭5
とれた根っこが、これだ〜
庭6
ブルーベリー用に穴をあける
庭7
ブルーベリーの土
庭8
ブルーベリーの植え付け完了
庭9
ウッドデッキを修理した時の木と合わせてこうなった。
庭10
再び薪用として提供をしに、真砂へ
庭11
ウッドデッキに防腐剤を塗る
庭12
完了〜


匹見の桜2013年04月04日

 今年の桜は花芽のつきがあまりよくないような感じで、今一つ華やかさがない、例年なら、桜の木にびっしりある花が、ちらほらといった感じ。これは、特に益田の市街地の桜がだ。いつ満開になるのか待っていたら、いつの間にか散り始めた。
 勤務している匹見の桜はそこまでではなく、結構花芽のつきもよいように思う。昨日、今日と、勤務終了後、帰りに匹見の桜の写真を撮った。なかなかいい感じだ。
sakura8

桜1

sakura2

sakura3

sakura4

sakura5

sakura6

sakura7

sakura9

sakura10

撮影 α300 TAMRON 28-300mm 1:3.5‐6.3

『つぎはぎ日本一周』仙酔島〜鞆の浦〜田島レポート@2013年04月06日

 
 今回も1日ほど時間ができたので、つぎはぎ日本一周島シリーズをすることにした。前の晩に家を出て、高速のサービスエリアで車中泊。
つぎはぎ1
 早朝から自転車でスタートを切ると言うパターンだ。つぎはぎにいいような瀬戸内の島もだんだん残り少なくなっている。今回も悩んだが、鞆の浦の近くの田島。仙酔島に行くことに。当然、鞆の浦も2回目ではあるが、寄ることにした。
 SAの駐車は問題はないのだが、さすがに高速に車を置いて、自転車で下りていくわけにもいかず、鞆の浦に近いところに駐車場がないか、事前にインターネットで調べた。鞆の浦の手前7キロぐらいのところに竹ヶ端運動公園があった。大きな意味での運動をするわけなので、ここの駐車場に駐車させてもらうことにして、ここから今回はスタートすることにした。
つぎはぎ2


 県道22号を南下していく。左手に瀬戸内海を見ながら進む。
つぎはぎ3
 福山市営渡船場に到着。まずは、仙酔島に渡ることにした。この島は、パワースポットの島と言われて仙人も酔うほどの美しい島らしい。日本で最初の国立公園として制定された瀬戸内海国立公園の中心として有名な場所で、記念切手にもこの島の写真が採用されている。ただ、『つぎはぎ日本一周』としては残念ではあるが、ロードバイクを持って行っても乗れる場所は限られ、ほとんどが、登山道や散歩道という感じなので、鞆の浦側の港にロードバイクは置いておいて渡ることにした。
  仙酔島へ渡る船。これが、ちょっとした黒船のようで、名前も「いろは丸」となっていた。龍馬が率いる海援隊の船の名だ。ここ、鞆の浦は、この船が紀州藩の船と衝突して沈没し、龍馬たちが1カ月近く滞在したところとしても有名だ。さて、その「いろは丸」乗ってみると、思ったよりもコンパクトな感じで、座席の数も少ない。多い時には立って乗るという構造になっているらしい。というのも、乗船時間はわずか5分。すぐに仙酔島に到着するのだ。それでも途中、弁天島のすぐ近くを通り、景色は最高だ。
つぎはぎ4
 いろは丸
つぎはぎ5
 弁天島
つぎはぎ6
 仙酔島へ向かう。

Aに続く

『つぎはぎ日本一周』仙酔島〜鞆の浦〜田島レポートA2013年04月07日

 4月7日(日)はMCCのロングライドの予定がはいっていたのだが、日本全国暴風雨、ということで、中止。久々にMCCのライドに参加できると思ってはりきっていたのに、残念。ということで、おとなしく、つぎはぎのレポート作成。 で、レポート@の続き

以下レポート
 船着き場で下りると、ホテルが見え、その横の道を上って行く。途中に龍に見える木や、願いがかなう橋などあり、パワースポットの雰囲気がじわじわと・・・・。そこを過ぎると、国民宿舎があり、田の浦に出る。そこは浜辺になっていて、とてもよい感じだ。(ここも、電磁波がアースできる浜として、パワースポットとなっている)奥にはキャンプ場があり、ちょうど、桜が咲いていて、とても綺麗だった。せっかく、この島に来たのだから、この島のパワーを感じながら、一番高い山、大弥山に登ることにした。
仙酔島1
                        龍の木
仙酔島2
                     願いがかなう橋
仙酔島3
                       キャンプ場

 登山道もパワースポットということで、何やらあやしい?雰囲気が漂う。
仙酔島4
標高190メートルぐらいの大弥山なので、それほど時間はかからず、頂上に到着。ここから眺める鞆の浦の景色もなかなかよい。癒される〜。
仙酔島6
                         大弥山山頂
山頂
                      山頂からの景色

 帰りもよい雰囲気の道を下ってカヤックがたくさん置いてある彦浦に出る。途中、赤岩展望台により、鞆の浦方面を眺める。ここからもいい〜。彦浦からは、海岸沿いの遊歩道を通る。この道沿いの景色もとても綺麗。どこも、パワースポットのよう。
仙酔島7
                         彦浦
仙酔島8
                          彦浦2
 そして、この後、パンフレットなどにもよく出てくるパワースポットの『五色の岩』が目の前に広がる。この5色とは、黒、赤、青、黄、白ということで、確かに多くの色が部分部分に分かれていてとても珍しい岩だ。日本でここだけらしい。幸福なる未来の扉が開くところだそうだ。幸福をしっかり願った。

 
仙酔島9
                       五色の岩
仙酔島10
                       五色の岩2
 そのほかにも、神秘的な場所や、地層がしっかりわかる岩などがあった。
仙酔島11

 島を一周したので、この後、「いろは丸」で、鞆の浦へ帰るわけだが、待っていると、結構大勢の人たちが、下りてきた。私が乗った時は、朝早かったので、少なかったのだが、ちょうど観光によい時間になったからだろう。鞆の浦に向かう人はそれほど多くなく、ちょうどよいタイミングだった。まあ、多いと言っても5分ほど立ってがまんしていればいいだけなのだが・・・。
仙酔島12

Bに続く


『つぎはぎ日本一周』仙酔島〜鞆の浦〜田島レポートB2013年04月08日

Aの続き

 いろは丸に乗船して、鞆の浦に到着。次は、よくパンフレットなどで使われている「対潮楼」。港からすぐ近くにある。
鞆の浦1
 座敷からの海の眺めは素晴らしく、1711年、朝鮮通信使の李邦彦は「日東第一形勝」と賞賛したと言われる場所だ。入った時、ちょうど、団体客がいて、説明を受けながら一緒に景色を眺めることができた。
鞆の浦2
 赤い絨毯の部分に座って眺めるのが一番綺麗らしい。団体だったので、人の頭ですっきりとは写真に収まらなかったので、ちょっと上の方から撮影。ちょうど、いろは丸が入ってくる時に、団体客の写真係の方かな?前の畳の部分に入って、団体客の様子を撮影したので、いろは丸入りの弁天島の写真は良いものが撮れなかった。残念!それでも、やはり、ここからの眺めはとても美しく、いつまでも見ていたい気がした。
鞆の浦3

鞆の浦4
                額に入った絵のよう
鞆の浦5
                いろは丸と弁天島 角度がおしい〜

 でも、いつまでもここにいるわけにはいかないので、次へ進むことにした。次は沈没していた「いろは丸」を発掘したものを展示している資料館に向かう。鞆の浦のシンボルである常夜燈があるところだ。資料館では撮影禁止なので、写真はないが、沈没していたいろは丸の様子を再現していたり、実際に引き上げたものなどが展示してあり、とても興味深く拝見させてもらった。龍馬が宿泊した場所なども再現してありそういうところもよかった。 
鞆の浦6
                  レトロなバス
鞆の浦7
                常夜燈のある港 ここの雰囲気がいい〜
鞆の浦8
                  いろは丸の資料館

 前回来たときにも思ったが、ここの街並みの雰囲気はとてもいい。歴史を感じさせてくれる。自転車の強みで、この街並みを堪能するために、何度もぐるぐると回って、写真を撮った。ただ、時間が昼近くになってきて、観光客も増え、細い路地などは、通りにくいところもあったので、押して通った。狭い道が、この地区の方の生活道として利用されていることから、危険だということで、この港の正面に大きな橋を造る計画があるそうだが、とても素敵なこの雰囲気を残したまま、生活も安全になるような方法を何とかして模索してもらいったいと強く思った。世界遺産の石見銀山などは、古い街並みには生活者の車以外は入れなくして、観光客は離れたところに駐車し、その後、歩いたり、バスだったりといった方法や、トンネルを造ることで、町への交通の便をよくするなど、考えれば、他にもありそうな気がするのだが・・・・、まあ、素人考えなので、なんとも難しいところではあるが、、でも、この町の雰囲気は残してほしいなあという思いを強くもった。
鞆の浦9
                      雰囲気のある街並
鞆の浦11
                      いいなあ〜
鞆の浦12
                      鞆の浦のシンボル
鞆の浦13
                         ここもいいねえ
 前回ここ鞆の浦に来た時には、まだ、「崖の上のポニョ」も「龍馬伝」もやっていないころだったが、今回はこの二つがあった後なので、以前にもまして観光客が増えたことだと思う。ただ、いろは丸の展示館が当時あったのかどうか記憶ははっきりしないが(今回初めて入った)その後につくられたのかもしれない。帰ってからインターネットで見てみると、ポニョの関係の場所も数か所あったそうだが、今回は、写真のちょっとした展示物ぐらいで、見逃してしまった。ちょっと残念。
 続く

『つぎはぎ日本一周』仙酔島〜鞆の浦〜田島レポートC2013年04月09日

 
 鞆の浦をあとにして、次に向かうのは田島。鞆の浦から抜ける道が極端に狭く、(しかもこの道しかなかった)車と自転車も普通にはすれ違えないような狭さ。ロードバイクがとまって道を譲るような感じだ。そのあと、鞆バイパスの坂が待っていて、しっかりとトレーニング。それでも、以前の記憶よりは楽なような気がしたので、多少は脚力がついたのかも。(前は旧道しかなかったのかな?記憶があいまいだ〜) 
 鞆バイパス県道47号を田島方面へ向かう。 今回も、ポータブルナビを持ってきていたので、時々は現在地を確認しながら進んだが、昼時だったので、田島に渡ってからだと、ひょっとしたら、食堂探しに苦労するかもしれないと思い、田島へ向かう道から少しそれて、道の駅アリストぬまくまというところに行くことにした。ここの食堂はラーメンが380円という期間限定のサービスをやっていたので、唐揚げランチとラーメンという贅沢昼食をいただいた。うまかった〜。
昼食1

昼食2

道の駅
 昼食を食べ、Uターンして、田島へ向かう。この島までかかっている橋は2つあり、急な角度で同じような形の橋が連なっている。珍しいので、写真撮影。その後、この島を時計回りで進む。こう進むことで、海側をずっと見ながら進むことができるのだ。やっぱり景色は大切だ。本土側と四国側では道の表情が全く違っていた。本土側は平坦で、割と進みやすく、景色も楽しむ余裕もしっかりあった。途中のいけすのようなものや、浮き桟橋のようなところなど、絵になるところがあった。
田島1

田島2

田島3
 しかし、道の幅がだんだん狭くなり、海側にガードレールも何もないようなところに出た。本当にこのまま進むの?って感じもしたが、ナビでも、この道であっているようだった。ガードレールがないと、暗くなったら、ちょっと怖そう。きっと海に落ちてしまう、そんなことを考えながら進む。そのうち、今度は山に登るような感じで、道が山側へ向かっていた。ここからは、トレーニングコース。道は狭いし、登りは急だし、くねくね道だし、ほとんど車とすれ違うことはなかったが、時々すれ違う車も、自転車がいることに驚いているような感じだった。でも、トレーニングには最適かも。
田島4

田島5


 途中、黄色い花が咲いた木があるところで、休憩。その後、少し行くと、桜並木がぱっと目に入ってきた。花見をしている人たちもいて、休憩がてらに桜を眺めたり、写真を撮ったりして、次へ進んだ。
田島6

田島7

田島8
 田島と橋でもう一つの島がつながっている。島の名前は横島だ。なかなか面白い名前だが、この島も一周しようか、どうしようか、少し迷った。ナビでは途中で道がなくなっていた。ただ、島の案内の看板では一周できそうではあったがそれまでに、結構体力を使っていたことと、横島の道が遊歩道のような可能性もあったのと、もう一度、来た道を帰らないといけないという理由から、今回は、横島に渡ってすぐの公園までとした。へたれだ〜。今、考えると、行った方がよかったかも。 それでも、この時は、ここまでで、あとは帰るということを選んだ。
田島9


一周して、最初の橋にもどる。その後、再び県道47号を進む。帰りに、もう一度鞆の浦を通るが、朝通った時に、気がつかなかった建物を発見。なんと、龍馬が談判した町屋ということだが、発見で来てよかった〜。
田島10

 運動公園に到着。思ったより早く到着した。やはり、横島、チャレンジするべきだったか?とも思ったが、まあ、仕方がない。ここから、益田まで、今度はドライブだ。途中、SAで、タコ天丼を食べる。これがうまい。
田島12

 『つぎはぎ日本一周』島シリーズ今回も無事終了。次回はいつ?どこへ?悩むな〜。

浜田高校の新しい体育館の体操専用フロアで練習2013年04月13日

 本日、益田体操教室の生徒を浜田高校の新しい体育館につれて行った。島根初のピットがある練習場。器具も最新式のものを取りそろえてあり、山口の豊浦高校の体育館と遜色のない素晴らしい体育館だ。狭いという前評判だったが、それほどでもなく、譲り合いながら練習すれば、結構な人数でも大丈夫そうな気がした。(豊浦高校の体育館よりは狭い)教室生は、普段はできな、ピットを使った練習を中心に行ったが、よい感じに練習ができた。これからも、移動に1時間はかかるが、ちょくちょく利用させてもらいたいと思う。
NEW体育館2
新しい〜
NEW体育館1
ピット〜
NEW体育館3
いろいろな種目で活用できる。 

夜トレ再開&権現山タイムトライヤル2013年04月13日

 今年も石見グランフォンドに参加申し込みをした。今年こそは200キロ完走をなんとかクリアしたいと思っている。と、いうことで、先日から夜トレを再開。3回ほど実施した。しかし、まだまだ、夜は寒く、なかなか大変。木曜日の夜は、いつものコースを走ったのだが、せせらぎ公園で、めったに感じたことのない、恐怖を感じた。霊的なもの?誰かが、近づいてきたと思ったけど、その方を向いても誰もいないという体験をしたのだ。その瞬間ぞ〜っとして、恐怖を感じ、大急ぎで、その場所を離れた。普通以上にスピードを出して空港へ向かった。空港に着くころには、その恐怖心はもうなくなり、普段どおりになった。不思議な体験だった。当分、夜トレはせせらぎ公園はパスだ〜。

 
 本日の午後、天気もよいし、時間もあったので、トレーニングをすることにした。権現山へタイムアタックだ!前回やったときは、2回ほど登るトレーニングだったが、今回もできたら、そのぐらいしたいと考えてスタート。
権現山1

 登山口で、写真をとり、いよいよ1本目スタート。最初に飛ばし過ぎて、後半ばてばてになる傾向があるので、意識して、抑え気味でスタート。そして、そのペースをずっと保つように意識しながら登った。神社までは作戦どおりだったが、やはり、その後の激坂ではへろへろになり、こけずに登るのが精いっぱい。激坂の後も結構な坂が続き、頂上に到着。きっと、タイム的によくないだろうと予想していたが、結果は16分30秒で、自己記録を20秒も更新した。体力的にはきつかったが、この記録で気持ち的に一気にハイになった。
権現山2

権現山3
写真などを撮り、下り。2本目にも挑戦した。やはり、1本目以上にへろへろになったが、なんとか足をつかずに頂上に到着。16分52秒。まずまずの記録。しかし、もうここまでと思い、最近MCCのボランティアライドに参加していないので、権現山の山頂のゴミ拾いをした。今日は、それほどゴミは多くなく、タバコの吸い殻とカフェオレのカップぐらいだった。
権現山4
その後、山頂の神社にお参りをして、山を下りた。
権現山5
しかし、下りながら、2本実施だったら、前回と同じなので、今一つ面白くないと思い始め、3本目を決意。権現山初の3本実施だ。
 しかし、へろへろ度は相当で、激坂では歩く方が速いぐらいでバランスを保つのが難しいほどだったが、なんとか山頂へ。記録は、やはりへろへろ17分37秒。
権現山6

 さすがに、もう一本という気持ちにはなれず、本日はこれにて終了。
 疲れたけど、3本実施できたし、自己記録も更新したし、達成感はばりばりあった、トレーニングだった。

権現山タイムアタック
 1本目16分30秒
 2本目16分52秒
 3本目17分37秒

コメント

_ ササ ― 2013年04月14日 08時04分54秒

今年もグランドフォンドがんばりましょう。
権現山3本ですか!すごいなあ〜。
昨日の夜、卓球を本格的に始めました。
足腰と動体視力のトレです。効果があればいいのですが・・・。

_ ハマ ― 2013年04月14日 10時22分10秒

今年こそは!200キロ達成。お互いがんばりましょう。
卓球ですか?すごいですねえ〜、ササさん若いですね。
夜トレいかがですか?

_ ササ ― 2013年04月16日 10時54分29秒

夜トレいいですね。幽霊でますか?
僕は、霊感が少しあります。
もう、グランフォンドまで1か月切りましたので
ぼちぼちと乗りたいですね。都合の日があれば
合わせますよ。

イチゴの実がついた〜2013年04月14日

 先日花が咲いたイチゴ。今日見ると、かわいい実がついていた。まだまだ、小さいが、これから大きくなるのが楽しみだ〜。
イチゴ
4月14日 こんな感じ。 左右のプランターでイチゴのできが違う。実は、購入したイチゴの土は左側。右は、昨年技術の指導者講習会で、調合してもらった土。勢いが違う。
イチゴ2
イチゴの実ができた〜
イチゴ3
花も咲いている

 ブルーベリーは、こんな感じ。
ブルーベリー

ブルーベリー2

ブルーベリー3




ブルーベリーの花が咲いた2013年04月18日

 今朝、ブルーベリーを見たら、花が咲いていた。14日には咲いていなかったのに・・植物の成長は早い〜。
ブルーベリー1
先日植えたブルーベリーに花が咲いた〜♪
ブルーベリー2
こちらは以前から庭にあったブルーベリー
ブルーベリー3
こちらは、先日植えたブルーベリー 種類が違うので、花も違う

実がなるのが、楽しみだ〜。

浜田高校で練習2013年04月20日

 先週に引き続き、今日も浜田高校の体育館で練習をさせてもらった。普段の練習場所はセフティーマット1枚(この前2枚目が入った)。これでは限られた技しか挑戦させることができないのだが、ピットがあると、結構遊び感覚で、いろいろな技に挑戦させることができる。今日も、跳馬のピットで、普段はできないツカハラ跳びに挑戦させた。結果、4人全員ができるようになった。最初は恐怖心からなかなかできなかった選手も一人がやるのを見ると、ライバル心がふつふつと沸いてくるようで、何度も挑戦し、最後にはできるようになった。まあ、試合で使えるようになるには、まだまだ時間がかかるけれど、できたという事実は子どもたちの自信につながる。また、近いうちにまた、練習に来たい。
ツカハラ1

tukahara3

コメント

_ Timママです ― 2013年04月29日 17時23分18秒

こんにちわ〜!!浜田高校さんに行かれたんですね〜!!
日頃マットのみで練習されてて
ツカハラが四人とも跳べた!!ってすごいですね!!
なんか感動しました!!

_ ハマ ― 2013年04月29日 22時48分20秒

Timママさん、コメントありがとうございます。そうなんです。浜田高校で練習をさせてもらいました。もっと回数を増やしたいんですけど、なかなか・・・。ツカハラは、4人とも興味をもっていましたから、ピットがあるからたまたま回ることができたって感じです。まだまだ、ピットなしではできません。まあ、それでも、本文にも書きましたが、自信になったみたいです。

_ Timママ ― 2013年04月30日 16時24分29秒

4人の生徒さんて中学生さんですか?
うちの息子は中3です(^^)

T先生によろしくお伝えください☆
一度は浜田高校さん体育館の見学に
行きたいと思っているのですが
携帯が水没してデーターが
消えてしまいまして・・・。

_ ハマ ― 2013年04月30日 20時28分56秒

4人とも、中学3年生です。息子さんと、同い年ですね。どこかの試合とかで、ご一緒できるかもしれませんね。よろしくお願いします。

_ Timママ ― 2013年05月02日 09時07分34秒

中国大会ですかね〜(^^)

私は着いて行けませんが

他県のレベルが高くて
毎年刺激を受けて
少々へこんで
帰ってきます(^^;)

_ ハマ ― 2013年05月03日 22時56分15秒

ジュニアの中国大会なら、可能性がありますが、中体連の中国大会は優勝団体のみですから、難しいかもです。目標ではありますが、なかなか・・・。中国大会を目指して、練習あるのみですが・・・。

益田陸上大会2013年04月21日

 今年は陸上部の顧問ということで、本日は益田陸上に参加。天気予報では曇りのち晴れだったのが、朝は雨。それも結構大粒の雨。陸上競技は雨が降ってもほとんど関係なく実施される。今日も雨の中での実施。子どもたちは寒い中がんばった。それでも昼ごろからよい天気になり、午後からはとても気持ちがよかった。
陸上

 子どもたちと一緒にバスに乗って、匹見から益田に出てきたので、帰りも匹見までバス。匹見まで帰ったら車で再び益田までと匹見益田間を2往復。帰りは、雨が上がった後の晴れということで、空気がとても澄んでいたことと、新緑のため、景色がとても鮮やかだった。一眼レフを持って行っていなかったのが少々残念だったが、コンデジで撮影。新緑の山々、癒された〜。
新緑1

新緑2

新緑3

新緑4

2013年04月25日

 最近寒かったせいか、苺はあまり大きくなっていない。まあ、こんなものなのかもしれないが・・・。今日の様子。
苺1

苺2

『つぎはぎ日本一周』大津島2013年04月29日

 この3連休、土曜日は陸上の部活、月曜日は陸上大会と夜の体操指導となかなかのハードスケジュールだったのだが、28日の日曜日だけは、フリーとなった。天気予報も晴れということで、『つぎはぎ日本一周』に出かけることにした。早朝6時に家を出て、今回の目的地、いつかは行ってみたいかった人間魚雷の基地があった「大津島」だ。詳しくは後日。今日は写真のみ。
大津島1
ここが、回天の発射基地跡。
大津島2
回天記念館
大津島3
回天
大津島4
天気は最高。気持ちよかった〜。
大津島5
船を待つ間に、待合室の横の花壇で、撮影。
大津島6